小児歯科|船橋市の歯医者ならマイクロスコープ完備のもりやま歯科にお越しください

  • 土・日も診療しております
  • 保育士による一時保育

診療時間

AM 9:30~12:30
PM 14:30~20:00(土曜 17:30まで)
休診日:水曜日・祝日

小児歯科

    Home > 小児歯科

お子様の歯の治療

image

「子供の歯はいずれ永久歯に生え変わるから、虫歯のまま放っておいて大丈夫」なんて思っていませんか?

子供の虫歯は、永久歯にくらべて進行も早く直下にある永久歯の発音に影響したり、早期脱落・喪失により隣の歯の倒れ込みなど、子供の将来の生活に大きく影響します。乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく関係しています。
乳歯はどうせ生え変わるものというのは間違いで、子供の正常な成長発育には欠かせないものなのです。

歯医者さんが怖い、きらいというお子様には

このようなお子様は治療に慣れてもらうための練習をくりかえし行います。それにより、大きな口が開けられるようになってから治療を始めます。
このようにトレーニングされ、治療がスムーズにできるようになった子供たちは遊びにでもくるような感覚で当院に通院しています。

小児歯科の大切なこと

  • 成長に合わせた治療

    13歳以下のお子様は、まだ永久歯が揃う前の治療となります。そのために、将来を見据えた治療が大切になります。つまりその場の虫歯治療だけではダメなのです。

  • 歯列不正・歯周疾患・顎関節症にならないため

    お子様が将来、歯列不正・歯周疾患・顎関節症に苦しむことのないように、乳歯が揃い始める前からしっかりと経過観察が必要です。虫歯などになる前から当院にご相談ください。

定期検診

小さい時から、定期検診をしっかりと受けることで、お子様のお口のトラブルを未然に防ぐことが可能となります。虫歯になってしまったり、歯並びにトラブルが発生した後に治療を受けると、お子様には相当な負担がかかることになります。そうならないためにも、定期検診は必ず受けるようにしましょう。

お家で出来るお子様のお口健康管理

お子様のお口にトラブルが発生しないためにも、ご両親がお家で出来る予防があります。少しでも知識をつけて頂き、日々お子様のお口を健康な状態を保てるように家族の歯科助手さんになって下さい。

まずは食事から

お子様の食事からしっかり管理が必要となります。学校に通うようになると間食などの管理は難しくなりますが、それでも、ご両親が管理する姿勢を大事にし、普段の食事から気をつけて行きましょう。

正しい歯磨き

当院では、歯科衛生士が正しい歯磨きのやり方を、お子様とご両親にご説明させて頂きます。まだ自分で歯磨きが出来ないお子様ならご両親が、また自分で歯磨きが出来るようになったお子様ならお子様自身が、正しい歯磨きをすることが大切です。

お子様の予防歯科

永久歯が生えてきて、一番虫歯になりやすいのが奥歯です。
その奥歯の虫歯を予防するのにシーラントをおすすめしております。

シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。
あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。

「六歳臼歯」に効果的

image

このレジンが長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、いずれにしても短期的にはきちんと詰めればそれなりの効果があがっています。
生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特に虫歯になりやすいので、この方法は有効です。

定期管理が大切

image

しかし、虫歯予防はもうこれで十分というわけではありません。
きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的にすすめることが大切です。

診療カレンダー

« 2018年5月»
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日

休診日

もりやま歯科

住所

〒273-0005
千葉県船橋市本町7-15-14-1F

お電話は047-460-1234

アクセスマップ

アクセスを見る

お問い合わせ

pagetop